EIGRPルート手動集約の設定と確認方法

EIGRPの手動ルート集約についてまとめています。
細かいルートをたくさん流してしまうと、ルートを受け取ったルータはルーティングテーブルがごちゃごちゃになり、見づらいことが多いので集約を使ってスッキリしたいものです。

EIGRPルート手動集約検証構成

EIGRPルート手動集約の検証構成を以下に示します。

EIGRPルート手動集約検証構成

現段階では、ルート集約は行わずR1からR2へLo1-Lo4のネットワーク(10.1.1.0/24,10.1.2.0/24,10.1.3.0/24,10.1.4.0/24)を個別に4つのルートを広報しています。
4つのルートを受け取ったR2のルーティングテーブルは下記のようになります。

R2のルーティングテーブル(ルート手動集約前)

EIGRPルート手動集約設定

R1においてLo1-Lo4のネットワーク(10.1.1.0/24,10.1.2.0/24,10.1.3.0/24,10.1.4.0/24)を1つにまとめて広報してみようと思います。
設定コマンドはこちら。

EIGRPルート手動集約コマンド
(config-if)# ip summary-address eigrp as-number ip-address mask [admin-distance] [leak-map name]
集約後のサブネットをワイルドカードではなくサブネットマスクで記述するのがポイントですね〜
ここでは10.1.0.0/16に集約してみようと思いますので、下記コマンドになります。
R1:EIGRPルート手動集約設定(10.1.0.0/16)
(config-if)# ip summary-address eigrp 100 10.1.0.0 255.255.0.0

EIGRPルート手動集約設定

EIGRPルート手動集約の確認方法

R2のルーティングテーブルを確認して、ルート集約ができているか確認してみます。
使用するコマンドはshow ip routeコマンドです。

R2のルーティングテーブル(ルート手動集約後)

R1のLo1-Lo4のネットワーク(10.1.1.0/24,10.1.2.0/24,10.1.3.0/24,10.1.4.0/24)が10.0.0.0/16に集約され、集約後ルートのみが広報されたことが確認できます。
EIGRPでは、集約前ルート(10.1.1.0/24,10.1.2.0/24,10.1.3.0/24,10.1.4.0/24)は広報されません。
(BGPの集約だとこの限りではないですが)
ちなみにR1のルーティングテーブルにはループ防止用のNull0宛てのルート(AD=5)が自動的に出てきます。

R1のルーティングテーブル(ルート手動集約後)

参考文献

CCO
Configuring the EIGRP Route Summarization Autonomous System Configuration

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です