Cisco機器においての収束(コンバージェンス)の確認について

Cisco機器でステータス確認をした際に、どのようなステータスになっていればネットワークが収束したといえるのか。
確認コマンドと判断の基準を技術別に紹介します。

■STP

STPが動作するポートのステータスがフォワーディングもしくはブロッキングとなっていれば、
STPは収束した状態です。STPが動作するNW機器でshow spanning-treeコマンドを実行し、
ステータスを確認してみましょう。

確認コマンド:show spanning-tree

■VTP

VTPが動作するスイッチのコンフィグレーションリビジョン番号が同じになっていれば、
VTPの同期が完了した状態です。VTPが動作するスイッチで、show vtp statusコマンドを実行し、
ステータスを確認してみましょう。

確認コマンド:show vtp status

■OSPF

■EIGRP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です